離婚,男女問題の相談なら経験豊富な愛知県名古屋市の離婚弁護士へ

新しい明日を作るためのサポートを全力で致します 名古屋の弁護士による離婚相談

ご相談専用フリーダイヤル:0120-758-352 平日・土日祝 6:00~22:00 - 女性初回相談30分無料 - 桜通線丸の内駅徒歩2分
弁護士法人 名古屋総合法律事務所

全力離婚相談 第5話「娘の決意」

CASE5 「娘の決意」のあらすじは・・・

職を転々として甲斐性のない夫と小学校の教師をしている母親に女手一つで育てられた薬剤師の妻のケースです。

佳苗 「協議の場で自分ことを話して、クライアントを説得するなんて、そんなの、弁護士のやり方じゃない?」
水野 「弁護士に、絶対のハウツーは無い」

水野(舘ひろし)の提案で、佳苗(竹富聖花)は、美晴(真矢みき)の竹内離婚相談室で働くことになりました。
そこに現れたのは、職を転々として甲斐性のない夫、司(岩井秀人)と別れたいという妻の珠美(広澤草)の母親でした。
珠美(広澤草)の母親静代(小島範子)は、娘が小学五年の時に、離婚していました。夫が女を作って出てったのでした。

竹内離婚相談室での事情聞き取りでの夫婦の結婚前の約束は、

珠美 「結婚したら3年は、完全に共稼ぎで働いて、二世帯住宅を建てようって」
静代 「私も定年を迎えましてね、退職金が入りましたから」
珠美 「家をもったら、子供のことを考えて......。30までには一人目を産んで、二人目は、35くらいまでには産んで......」
静代 「私がベビーシッターを引き受けて、珠美はまた、仕事に復帰して......」
珠美「司くん、ニコニコ笑って、珠美は親孝行だなあって、夢を叶えられるように頑張ろうって、言ってくれてたんですが......」

夫の竹内美晴弁護士への回答は、

司 「俺は別に、珠美から逃げてた訳じゃ無い」 「......俺は、あいつの母親から逃げたかったんだ」
「......結婚して、解ったんだけど。珠美が俺にする話はさ、今度の仕事は続けられそう? とか、いつごろここを引っ越せる?とか、早く赤ちゃん欲しいね、とか......。全部、あの母親の願望なんだ」
「あいつはさ、あの母親の自慢の娘でいるために、ずっと頑張り続けて来たんだ」
「それが、俺には......息苦しくて」
「......残念ながら俺は、あの母親の願望には......、全然、見合わない男だから」
「......あいつは俺なんかより、あの母親が大事なんだから」
「だから、さ。......邪魔者は、ここで退散します」
「あいつが離婚だって言うんなら......。解りました、離婚、しましょう」

夫婦と妻の母親、竹内美晴弁護士の面談で、珠美は、司から差し出された離婚届けを見つめて、息を詰めたかと思うと、手に取って、ビリビリと破り始めた。

珠美 「司くん、私のほうこそお願いします。二人で暮らすチャンスを、もう一度下さい!」
「司くん......。あなたは私にいっぺんも、こうすべきとかああしろとか、言ったことが無かった。
だから私、あなたといると、ホーツとすることが出来たの」
「それなのに。結婚したとたん、私のほうが、こうすべきとかああしろとか......言ってばかりで......。ごめんなさい」
「私たちの幸せのカタチは、司くんと二人で探します。」

静代は衝撃を受けて、衝撃にたえかね、椅子から倒れかかる。

最後に美晴と佳苗が大須アーケード商店街を歩きながら、

佳苗 「離婚で夫婦は他人になれる」
「......でも、親子はどうしたって他人になれない」

すると、商店街の先から近づいて来る男の姿が......。稲垣賢哉だ。

佳苗 「お父さん......、どうして......」

第5話より

1 夫婦の生活と親との関係について

従来は、夫婦の問題、特に「夫婦喧嘩に親が介入してきて」と論議されてきました。
また、典型的な例として、長男夫婦が親と同居し、妻と義父母の不仲が問題とされてきました。
ところが、近年の少子化の問題が家族関係に大きな影響を与えております

2 家族関係の変化

家族

近年の少子化の影響から、親と子の依存関係が強くなっているケースが多くみられるようになりました。
依存関係は、経済的なことから精神的な面、老後の介護の問題もあり、多様に渡っております。
そして、従来より強くみられるのは、妻とその母親との関係が強くなっていることです。
また、子の親に対する一方的な依存ではなく、「共依存」の関係なのです。

共依存(きょういそん、きょういぞん、Co-dependency)とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す。
すなわち「人を世話・介護することへの依存」「愛情という名の支配」である。
共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとする。

(ウィキペディアより引用)

また、親子の共依存関係と機能不全家族、家庭崩壊などとの関係が議論されております。

3 離婚問題における妻の立場と夫の立場

私たちが扱う離婚問題、離婚相談で戸惑うことが多くあります。

妻とその親の結びつきが強い一方で、正月やお盆に夫の実家に行くことを拒否する妻は、確実に多くなってきています。
また、夫の親は「私には関係のない人です。」、夫の親の「老後の介護はしません。」と宣言する妻も増えてきています。

今の社会は、自分と配偶者の親との関係を否定することが、普通のこと、一般的基準になりつつあります。
すると、どうしても、夫の親は弱い、辛い立場に立ちます。
孫を嫁(嫁の言葉(家の女)もこの現実からかけ離れたものになっています。「息子の妻」が正しいです。)に握られているからです。

その一方では、子を確保している妻とその親の立場はとても強いものになってきています。
また、少子化で、妻が相続を、それも法定相続分で相続を受けることが多くなっており、経済的な基盤も含めて、これからは、妻とその親の立場がより強くなり女系主義的な風潮になっていくと思われます。

4 夫婦別姓の問題

これは、日本の現行法制では認められていない夫婦別姓の問題、選択的夫婦別氏制度導入に影響をあたえるものと思っております。
また、現行法制において、妻の氏を名乗るのは3パーセント程度と言われておりますが、これからは妻の氏を名乗る割合も、増加すると思います。。

参考

Q 選択的夫婦別氏制度とは,何ですか。

A  現在は,男女が結婚するときは,すべての夫婦は必ず同じ氏(「姓」や「名字」のことを法律上は「氏」と呼んでいます。以下同じ。)を名乗らなければならないことになっています。
選択的夫婦別氏制度とは,このような夫婦は同じ氏を名乗るという現在の制度に加えて,希望する夫婦が結婚後にそれぞれの結婚前の氏を名乗ることも認めるというものです。
もちろん,選択的な制度ですから,すべての夫婦が別々の氏を名乗らなければならないわけではありません。
これまでどおり夫婦が同じ氏を名乗りたい場合には同じ氏を名乗ることもできますし,夫婦が別々の氏を名乗ることを希望した場合には別々の氏を名乗ることもできるようにしようという制度です。

(法務省ホームページ http://www.moj.go.jp/MINJI/minji36.html#Q1 より引用)

5 夫婦の関係を修復はできるのか?

この第5話では、妻珠美が母親との依存関係を解消して、夫との夫婦関係を受け入れ、夫婦の関係を修復していく展開となっています。

これは、あくまで、ドラマでの展開であります。
残念ながら、私どもの現実の離婚相談、離婚事件では、このケースでは、妻側は、ほぼ100パーセント、離婚を希望し離婚方向での展開になっているのが実情です。
夫側の代理人のケースでも、同様に、ほぼ100パーセント、妻のこの母親との依存関係を解決することは出来ないと考え離婚していく方向になります。

このケースでの心残りなのは、結果、孫に会えなくなる夫の親の落胆が大きく、とても痛ましいことです。
現在、面会交流は、原則として子と親との面会交流で、祖父母の孫との面会交流は、相手方に拒否されると法的にはその実現は困難です。

男性30分相談無料キャンペーン 期間:2017年3月16日-2017年6月30日

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

初めての方専用フリーダイヤル 0120-758-352 TEL052-231-2601 FAX052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、離婚相談の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
愛知県西部(名古屋・春日井・小牧・瀬戸・尾張旭・長久手・日進・東郷・豊明・北名古屋・あま・愛西・津島・清須・弥富・稲沢・一宮・江南・犬山・半田・大府・東海・知多・常滑・扶桑・大口・岩倉・蟹江・飛島・大治・豊山・東浦・阿久比・武豊・美浜・南知多)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「男女関係(離婚カウンセリング・DVなど)」カテゴリを表示しています

名古屋総合法律事務所のご紹介

Copyright © 名古屋総合リーガルグループ All right reserved.
運営管理:名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)