離婚,男女問題の相談なら経験豊富な愛知県名古屋市の離婚弁護士へ

新しい明日を作るためのサポートを全力で致します 名古屋の弁護士による離婚相談

ご相談専用フリーダイヤル:0120-758-352 平日・土日祝 6:00~22:00 - 初回相談30分無料 - 桜通線丸の内駅徒歩2分
弁護士法人 名古屋総合法律事務所
  • HOME
  • 離婚・男女問題専門チームのご紹介

離婚・男女問題専門チームのご紹介

2014年5月27日
更新 2017年3月6日
代表弁護士 浅野 了一

代表弁護士 浅野了一

離婚事件では、依頼者さまが再スタートを決心されたのであれば、それを実現するための期間をいかに短縮し、依頼者さまの心の平穏を図ることが重要であると考えております。
心理的・精神的に不安定な状態が続いてしまう依頼者さまと身近に接して、法律面だけでなく、精神面からいかにサポートできるかは大きな課題です。

そこで、当事務所の出した結論は 「離婚専門チーム」の創設です。

それぞれの方にあった解決策を見出すには、離婚問題に関連する幅広い知識と専門性が求められます。例えば、親族間の問題解決には相続分野の力も必要ですし、事業を営まれている方の離婚では企業法務や税務の力、さらに、住宅ローンや負債がある場合には債務整理の力などが必要です。 なにより、関係者の心理を読み取り、複雑な人間関係を調整するには、豊富な経験に裏付けられた実践力が求められます。

当事務所では、離婚事件を解決するための高度な専門性を弁護士が身につけるため、 離婚分野と、それに隣接する分野を集中的に扱い特化する体制を採っております。
それにより、離婚分野でのスペシャリストとして活躍できる人材に成長しています。重要なのは、 弁護士としての経験年数よりも、その分野での経験値なのです。

また、弁護士だけでなく、グループに所属する 税理士・司法書士が連携し、離婚に関するあらゆる問題を的確にアドバイスをする体制が整っています。 現在、名古屋総合法律事務所「離婚専門チーム」は、日本でトップクラスの離婚法律事務所と自負しております。長年、離婚事件に注力してきた私浅野の指揮のもと、次のメンバーによる離婚専門チームが、全力で早期の事件解決を目指します!
安心して、名古屋総合法律事務所「離婚専門チーム」にお任せください。

弁護士 岬 宏美

岬弁護士

岬 宏美弁護士は2015年2月に入所して、重点的に離婚と相続分野を担当しております。

岬弁護士は、山口県山口市生まれですが、大阪府堺市で育ちました。
小学校では声の大きいよく発言する生徒でした。
また、中学校では演劇部に所属して文化祭やコンクールで裏方を含めて頑張っていました。
中学・高校は、聖徳太子の和のご精神を礎とする信念ある女性の育成を悲願とする有名女子高の私立四天王寺中学・高校(大阪市天王寺区)に進学しました。
2003年現役で大阪大学法学部に入学し、2007年卒業しました。大阪大学では法律相談部に所属して相談業務の運営を担う総務部を担当しました。
2008年神戸大学法科大学院に入学して2010年終了して、同年の新司法試験に合格しました。
同年11月最高裁判所司法研修所に入所して2011年12月に司法修習を終了しました。
2012年4月に東証第1部上場のメーカーに就職し、同年5月社内弁護士として弁護士登録をしました。
企業では、契約書のレビュー(精査)、作成、社内規程の整備、営業部門の委託を受けて関連法令の調査、法律相談、勉強会の実施などの業務にあたってきました。

この2012年から3年近くの企業勤務の社会人・弁護士としての経験が岬弁護士を成長させました。
私は2015年2月から岬弁護士を観てきましたが、企業内弁護士としての3年近くの経験は、相談者への的確な対応・心遣いや案件処理・レスポンスの速さなど目を見張るものがあります。
次々とご依頼をいただく懸案に対し、岬弁護士は、誠実に取り組む真摯な姿勢で、依頼者の信頼を確実なものとしています。
岬弁護士は、名古屋総合法律事務所では、重点分野として離婚分野と相続分野の家事事件を専門的に取り組んでおります。

お客様の声

問題点など整理して、アドバイスしていただき、感謝しております。親身になって相談に乗っていただき、心強かったです。 長時間の相談に大変誠実に対応、ご説明いただき、感謝いたします。

ご挨拶

自分の抱えている問題は本当に弁護士に相談するような法的な問題なのだろうか、という悩みを抱えていらっしゃる方もおられるかと思います。
しかし、法的に解決可能な問題であるかどうかは、ひとりで悩んでいても答えの出るものではありません。
悩んでいるうちに手遅れになってしまうと、「なぜあの時・・・」と後悔だけが残り、さらに辛い気持ちになってしまいます。

誰かに話をすることは、自分の考えや気持ちを整理することにも繋がります。
まずは一度、お気軽にご相談ください。

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2015年2月17日~2017年7月31日 約420件 約160件

弁護士 杉浦 恵一

杉浦弁護士

1984年に愛知県高浜市に生まれ地元で育ちました。

刈谷高校から現役で東京大学文科1類(法学部)に入り4年で卒業した後は、東京大学法科大学院2年コースに入学し修了して、最短のその年に新司法試験に合格する優秀な学生でした。

2010年12月に弁護士登録し入所してから、2年間は債務整理・離婚を主に、その後は離婚・相続を担当し、2013年からは離婚・相続・企業法務を担当しております。

私の思う杉浦恵一弁護士のイメージは、2014年日経小説大賞を受賞した、財務官僚の芦崎笙氏が書かれた、小説「スコールの夜」(日本経済新聞出版社)に出てきます『石田弁護士』のイメージです。
この小説の中で、『石田弁護士』は東京大学在学中に旧司法試験に合格し、弁護士業務でも成果への最短距離を目指す、徹底した効率重視な有能な仕事ぶり、また、冷徹で徹底した合理主義者として描かれています。その冷徹さは仕事だけでなく、日常生活などプライベートにも及びます。
その一方で、『石田弁護士』はカンボジアでの地雷撤去のボランティア活動に取り組んでいる一面も描かれています。

杉浦弁護士は、『石田弁護士』と同様に、無駄なことはしない合理主義者なので、相談者、依頼者に、時には、冷たい印象をあたえることがあります。
しかし、男性の相談者の一部の方には、適しているかもしれません。レスポンスは迅速で、仕事は早く的確です。弁護士5年目でありますが、『石田弁護士』と同様に弁護士業務でも成果への最短距離を目指す徹底した効率重視な有能な仕事で、当所では、企業法務・相続・離婚を担当するとともに、当所の困難案件の担当でもあります。

また、『石田弁護士』が社会貢献活動をしているように、杉浦弁護士も、大学1年の時から献血を続けています。2013年9月には献血回数が100回になりました。月に1回のペースで、次は200回を目標に現在も献血を続けています。

お客様の声

客観的に意見を述べて頂き、自分に明確な選択肢を与えてくれました。 自分の中でまとまっていなかった部分をていねいに教えていただきました。

ご挨拶

社会はこれからも複雑化、高度化していき、そのスピードは速くなることこそあれ、遅くなることはないと思われます。そして、司法の世界でも、このような実社会の状況を反映した複雑で困難な事件が増加していくものと考えられます。
私は、このような問題を解決するため、経済や国際関係等の法律以外の分野についても研鑽を積み、複雑化、高度化する社会の中でも、依頼者の皆様にとってより良い法的サービスを提供できるように努めていく所存です。
多様化する家族関係に伴う家族・親族問題や、多様化する働き方に伴う労働問題等に取り組んでいきたいと考えています。

どのような紛争でも、一人で悩むよりは、誰かに相談したほうが解決への道筋を見つけられることがあります。まずはお気軽にご相談ください。

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2010年12月24日~2017年7月31日 約970件 約260件

弁護士 橋本 友紀子

橋本弁護士

橋本友紀子弁護士は2011年に上智大学法学部を卒業、2013年に神戸大学法科大学院を修了し、2014年12月弁護士登録(愛知県弁護士会)をされ、当事務所に入所しました。重点的に離婚と債務整理を担当しております。
橋本弁護士は、広島県生まれですが、小学校は大阪、中学高校は広島、大学時代は東京、法科大学院は神戸と、日本各地で暮らした経験を持っています。そして今、ここ名古屋の地で、弁護士としてのキャリアの第一歩を、スタートさせたのです。
橋本弁護士は志が高く、熱意にあふれ、勤勉です。丁寧に業務に取り組む真摯な姿勢は我々スタッフに初心の大切さを思い出させてくれます。
また、同時にタフさと粘り強さも兼ね備えています。依頼者の方一人一人の問題にしっかりと向き合って解決に全力を尽くします。
そして女性ならではの気配りや優しさを持って依頼者の方々の心に寄り添うことができる、温かく頼りがいのある弁護士です。

私は2014年12月から橋本弁護士を見てきましたが、さまざまな課題に取り組み、知識を吸収し、日々進化しています。常に依頼者の方の視点に立つことを忘れず、心を尽くして対応しています。問題点を的確に整理し、スタッフと連携して解決に貢献しています。

お客様の声

ホワイトボードを使い、とても丁寧に詳しく教えてもらい助かりました。1つの方法だけでなく、何パターンも細分化して説明してくださりためになりました。知らないことやよりよい方法がわかり、相談して本当に良かったです。 不安だったのが少しほっとしました。ひとつひとつ丁寧に話をしてくださりありがとうございました。

ご挨拶

離婚の問題は、誰かに相談することが難しく、一人で抱え込んで苦しんでいる方が多くいらっしゃるかと思います。
ご自身が我慢しなくてはとお悩みになっている方も、一度ご相談に来ていただければと思います。
弁護士として、ひとりの人間として、幅広い視点からアドバイスいたします。これからの人生を、前向きに進んでいくことができるように、ご一緒にしっかりと考えていきましょう。

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2015年1月13日~2017年7月31日 約365件 約90件

弁護士 吉田 大気

吉田弁護士

吉田弁護士は、千葉県出身です。
2012年に明治大学法学部を卒業、2014年に早稲田大学法科大学院を修了しました。
2015年に弁護士登録(愛知県弁護士会)、当事務所に入所しました。

入所後は、先輩弁護士の指導や研修からしっかりとノウハウを学び、吸収しました。
チームの即戦力となり、真摯にお客様のために能力を発揮してくれています。

吉田弁護士は穏やかで柔和なものごしで相談者の方も安心して心を開いてお話しできると思います。同時に、胸の内には高い志をもって、頭の回転も早く、行動力や実行力も持ち合わせています。

吉田弁護士は学生時代にはに陸上競技に取り組んだということで、現在も趣味でランニングを楽しんでいます。

文武両道で、責任感や正義感に溢れる吉田弁護士には、依頼者の方からも厚い信頼を寄せていただいております。

お客様の声

丁寧な対応で、初めての相談者にも分かりやすく説明して頂いたので、疑問に思っていたことが納得できました。 とても柔らかい雰囲気の方で話しやすかったです。怖いイメージがあったので相談して良かったです。

ご挨拶

こんにちは、吉田大気と申します。

私が弁護士を志したきっかけは、高校生の時に、「世界がもし100人の村だったら」という本を読み、困っている人、悲しみや苦しみの中にいる人が世界中にいるということを知ったことにあります。

それ以降、一人でも多くの人が笑顔になれるように、一人でも多くの人の心が和らぐように、力になりたいという熱意・信念を持ち続け、弁護士になりました。

この信念に基づき、一人でも多くの方の笑顔を実現することができるよう、向上心をもって日々の職務に励んで参ります。

それに加えて、謙虚さと誠実さを持ち、一人一人のお客様にまっすぐ向き合うことを常に意識していきます。

離婚するべきか否か、迷われている方も、どうぞ一度ご相談にいらして下さい。お客様の心が少しでも軽く、晴れやかになるように、力を尽くします。

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2016年1月5日~2017年7月31日 約210件 約90件

弁護士 後藤 奈津季

後藤弁護士

後藤弁護士は岐阜市で生まれ育ち、2000年に同志社大学法学部を卒業、2004年に司法試験に合格されました。そして2006年に弁護士登録を(愛知県弁護士会)をされました。以来名古屋に住まわれています。
その後出産育児への専念のために休職した期間があり、再度2016年に弁護士登録して、当事務所に入所しました。

後藤弁護士は母親、専業主婦、働く女性、様々な立場を経験されています。
そのため、多角的な視点から問題を捉えることができると同時に、依頼者の方々の心情に焦点を当てて、深く理解でき共感する力があります。

結婚、出産、育児を経験した女性ならではの、芯の強さや懐の深さ・暖かさを持っております。

後藤弁護士はご自身の強みを発揮して、離婚問題の相談や解決に貢献しております。

依頼者の方々から、
「後藤さんに相談して良かったです」
「後藤さんの言葉で救われました」
と、感謝の声も届いています。

お客様の声

私の方が不利なことを含めた上で説明していただきましたので自分の現状がわかりました。ありがとうございました。 とても丁寧にご対応くださり、知識のない専門分野の情報をいただけました。話しやすく気が楽になりました。ありがとうございます。

ご挨拶

私は3人の男の子の母親です。第一子の出産を機に、弁護士業を離れ、育児・家事に9年近く専念しておりました。
夫婦問題は、耐えられないような事があってバランスが崩れても、「子供のため、それなりに安定した生活のため、自分さえ我慢すれば平穏なのだ」と自分を納得させるケースが少なくありません。

結婚は勢いでできますが離婚をするには、本当にエネルギーが要ります。

でも、もし今、自分を責めるようなお気持ちになってしまった方、子供に八つ当たりして自己嫌悪の毎日が続いていらっしゃる方、すでに離婚を決意された方、色々な方がいらっしゃると思いますが、どうぞ、お話をしに来てください。
離婚してもしなくても、新たな一歩を踏み出すお手伝いができたらなと思っております。

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2016年7月6日~2017年7月31日 約210件 約55件

弁護士 小原将裕

小原弁護士

小原弁護士は静岡県出身で、2011年東京大学法学部卒業、2013年神戸大学法科大学院を修了し、2014年に司法試験に合格いたしました。

大変真面目な性格で、事実関係を深く分析した上で依頼者の皆様にとって何がベストかを追求し続けるため、依頼者の皆様の信頼も厚いです。

また、非常に勉強熱心なため、依頼者の方だけでなく、事務所内の他の弁護士からも何かと頼られる存在です。

離婚事件においても、事実関係の分析はもちろんのこと、依頼者の気持ちに寄り添った形での解決を目指し、日々奮闘しております。

お客様の声

先生の話は歯切れもよく安心しました。今後ともよろしくお願いします。

ご挨拶

法律事務所には、相談者の方々が不足のトラブルに対応できず、沈んだ顔で来られます。
ましてや夫婦関係の問題は、友人や家族には大変相談しづらいため、非常に苦しまれた結果、弊所に相談にいらっしゃるケースがとても多いです。

早期の相談をすることで、より精神的な負担が軽くなったり、短い時間での解決を実現することができます。

相談者のお気持ちに寄り添った形で解決できるよう、全力を尽くします!

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2016年7月6日~2017年7月31日 約64件 約25件

弁護士 松井星馬

松井弁護士

松井弁護士は2013年京都大学法学部卒業、2015年京都大学法科大学院卒業といった経歴を持ち、学生時代をほぼ関西で過ごしてきました。

2016年に弁護士登録し、弊所に勤務しておりますが、入所当時から弁護士としての才能を発揮しており、その活躍には目をみはるものが有ります。

また、相談者の皆様とのやり取りでは、元来の柔和で落ち着いた雰囲気でお話させていただくことにより、怒りや不安でいっぱいな相談者の皆様を冷静にしているようです。

今後もより多くの経験を積むことで、離婚事件ではより多くの依頼者を救ってくれる存在になると確信しております。

お客様の声

まだ話したばかりで不安は残っているが、少しは解決へ向いているような気がしました。「ワラをもすがる思いで」来ている気持ちを汲んでいただき、こちらの無理な要望にも応えてもらい助かります。 懇切丁寧で明解なご対応に安心しました、正式に依頼させていただいた際にはよろしくお願いします。

ご挨拶

学生時代、ある弁護士が依頼者から「無事に解決してもらって、先生に命救われましたわ。」とかけられた言葉で、私は弁護士を志しました。

「命を救われる」というのは大げさかもしれませんが、トラブルで非常に苦しんでいる皆様にとっては、辛い日々を過ごしていらっしゃるかと思います。
特に離婚問題は、家族内での問題となり、目をそむけることができず、より苦しみが深いと思います。

人生の重大な局面に立たされている依頼者の方に少しでも安心感を与えられるように、またよりよい解決へ導くことができるよう、自分自身の知識・能力を常に高めていきたいと考えております。

まずは、ご相談ください。
弁護士とともに解決への第一歩を踏み出しましょう。

実績

期間 新規のご相談件数 離婚に関連する家事事件・人事訴訟
2016年7月6日~2017年7月31日 約30件 約5件

離婚カウンセラー・離婚専門事務スタッフ 小柳津

離婚カウウセラー 小柳津


人間科学部心理学科の大学卒業後、損害保険会社に勤務していました。
2009年9月名古屋総合法律事務所(当時、栄総合法律事務所)に入所し、主に離婚分野を担当してきました。
2010年に離婚カウンセラーの資格取得後は、カウンセリングにも力を入れています。

ご挨拶

私は、相手の立場になって物事を考えること、親切丁寧な対応、話をきちんと聴くということを大切にしています。どんな事にも誠実に取り組み、事務所での仕事を通して、依頼者の方のお気持ちが、少しでも晴れやかになるお手伝いができたらと思っています。
今、当法人のホームページをご覧になっている方は、少なからず何かお悩みを抱えていることと思います。そんな方は、弁護士に話をしてみることで、解決の糸口が見つかるかもしれません。
私も、皆様に笑顔をもたらせるようお手伝いさせていただきます。

離婚専門事務スタッフ 小笠原

ご挨拶

離婚担当事務員

法律事務所に相談に見える方は、問題がこじれてしまってから相談にいらっしゃる方が少なくありません。 人生のさまざまな問題に悩み苦しむことは決して無駄とは申しませんが、人生は有限です。 寄り道を回避するために、専門家の手を借りてみませんか。

プライベートな問題は人には話し辛いものですが、完全な第三者であれば話すことも苦にならないものです。
当事務所はセキュリティーが万全で、皆様の個人情報が漏れることもありませんから、悩んでいることをお聞かせください。

離婚専門事務スタッフ 若狭

ご挨拶

離婚担当事務員

一人で悩まずに、ぜひお電話ください。

これまでに十年ほど、中小企業で事務の仕事をしてまいりました。
さらに、家族経営の店を始めて終わらせるという、つらい経験もいたしました。
家庭でも仕事でも、人生には多くの悩みがあります。
一人で考えこまずに専門家に相談することで、問題の解決策が見つかると実感しています。
悩んでいる時には電話をかけるのが困難な場合もありますが、はじめは私たち事務員が対応させていただいておりますので、お気軽にお電話いただければと思っています。

土曜相談、火曜・水曜夜間相談実施中 | 平日・昼間お忙しい方でも安心 | 離婚弁護士が対応 年間相談550件 愛知・名古屋トップ 男性初回相談30分無料

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

初めての方専用フリーダイヤル 0120-758-352 TEL052-231-2601 FAX052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、離婚相談の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
愛知県西部(名古屋・春日井・小牧・瀬戸・尾張旭・長久手・日進・東郷・豊明・北名古屋・あま・愛西・津島・清須・弥富・稲沢・一宮・江南・犬山・半田・大府・東海・知多・常滑・扶桑・大口・岩倉・蟹江・飛島・大治・豊山・東浦・阿久比・武豊・美浜・南知多)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「男女関係(離婚カウンセリング・DVなど)」カテゴリを表示しています

名古屋総合法律事務所のご紹介

Copyright © 名古屋総合リーガルグループ All right reserved.
運営管理:名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)