離婚,男女問題の相談なら経験豊富な愛知県名古屋市の離婚弁護士へ

新しい明日を作るためのサポートを全力で致します 名古屋の弁護士による離婚相談

ご相談専用フリーダイヤル:0120-758-352 平日・土日祝 6:00~22:00 - 女性初回相談30分無料 - 桜通線丸の内駅徒歩2分
弁護士法人 名古屋総合法律事務所

不倫に関する慰謝料請求(請求する側)

浮気をし離婚を要求してきた夫から、財産分与・慰謝料を獲得し離婚を成立した事例

40代 女性

Eさん 40代 女性 その他専門職

夫:40代 医師
婚姻期間:5~10年
子ども:なし

Eさんは、夫から突然離婚を切り出され、調査会社に依頼したところ、夫の浮気が発覚しました。
夫の代理人弁護士から、離婚の話し合いを求める通知が届いたため、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

夫から離婚調停を申し立てられ、 調停期日と並行して調停外でも交渉を進めました。
結果として、夫名義の自宅不動産をEさんの名義とすること、夫名義の預貯金の2分の1をEさんに分与すること、Eさん名義の預貯金はEさんが取得すること、また解決金を夫が一括で支払うこと、離婚後にEさんが年金分割の審判申立を行うことで合意し、調停期日3回で早期に離婚の条件がまとまり、その後調停外で協議離婚が成立しました。

所感

調停離婚で戸籍に後が残ることを避けるため、代理人間で協議を進め協議離婚をしました。
調査会社を利用して夫の不貞を発見したことで、交渉を有利に進めることができ、早期解決を図ることができた点がよかったと思います。

受任から解決までの期間

7か月

妻の交際相手に慰謝料請求をした事例

50代 男性

Aさん 50代 男性 公務員

妻:50代 
婚姻期間:20~25年

Aさんは、妻が、最近になり、頻繁に夜外出することを不審に思っていました。LINEを確認すると、浮気をしていることが分かりました。妻本人に問いただすと、浮気の事実を認めたため、弊所に相談にいらっしゃいました。

解決内容

妻が浮気をしていた特定の相手が2人いることが分かりました。
相手方2人にそれぞれ連絡を取ると、2人とも、不貞の事実を認めました。2人は、慰謝料請求に応じ、早期に交渉が成立しました。Aさんの希望額を一括で回収することができました。

所感

証拠があまりなかったため、訴訟になった場合、若干分が悪い印象でした。
そこで、早期解決のメリットを相手方に説明することで、何とか任意交渉で早期解決することができました。金額も訴訟になった場合よりも高いものを得ることができました。

受任から解決までの期間

1か月

妻の交際相手に慰謝料請求をした事例

20代 男性

Aさん 20代 男性 会社員

妻:20代
婚姻期間:1~5年

Aさんは、妻からの申出により離婚をしました。離婚した後になり、妻が浮気をしていたことを知りました。妻が離婚を決意した原因も、浮気をしていた男性との交際によるものだと分かったため、浮気相手の男性に慰謝料請求を考え、弊所に相談にいらっしゃいました。

解決内容

妻の浮気相手の男性に内容証明郵便を送り、慰謝料請求を行いました。その後男性にも弁護士がつき、弁護士と協議を進めていきました。
慰謝料を一括で支払ってもらうことで合意し、示談で解決することができました。

所感

不貞を立証する十分な証拠があったため、相手方に不貞の事実関係を詳細に伝えることで、示談することができました。訴訟になった場合と同じ程度の金額を回収できました。

受任から解決までの期間

3か月

夫の浮気相手へ慰謝料請求し、一括で慰謝料を獲得した事例

40代 女性

Rさん 40代 女性 会社員

夫:40代 会社員
婚姻期間:10~15年
子ども:3人

Rさんは、夫の浮気が発覚したため、相手の女性Sさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Sさんにも代理人弁護士がつき、交渉を進めました。
結果として、Sさんの支払能力の問題もあり、ある程度の減額はあったものの、慰謝料を一括で支払ってもらうことで示談が成立しました。
夫はSさんと別れ、Rさんは離婚することなく解決することができました。

所感

まずは、慰謝料150万円の請求をしましたが、Sさんは慰謝料80万円の支払能力しかないという主張をしてきました。交渉は数か月間続きましたが、Sさんご夫婦の婚姻関係が破綻しかけたこと等、夫婦関係の具体的状況を伝えたことによって、120万円での合意が成立しました。
このように、慰謝料請求をする場合、相手方の支払能力がないという主張を鵜呑みにせずに、粘り強く交渉することが重要であると思います。

受任から解決までの期間

8か月

不貞相手に慰謝料請求をした事例

40代 男性

Aさん 40代 男性 公務員

妻:40代 公務員
婚姻期間:15~20年
子ども:3人

Aさんは、妻が浮気をしていることを知り、浮気相手の男性に慰謝料を請求しようと考え相談にいらっしゃいました。

解決内容

浮気相手の男性は既婚者だったため、Aさんは、妻が浮気相手の男性の妻から慰謝料請求されることを心配していました。
また、Aさんは、妻との離婚を考えていなかったため、この問題を早く終わらせたいと思っていました。
その結果、Aさんは、男性に慰謝料請求を行わず、男性の妻もAさん妻に対して慰謝料請求を行わないこと、互いに今後一切連絡を取らないこと、として合意書を結び、早期に解決することができました。

所感

妻の浮気を解消させ、夫婦関係は正常化したいという夫の願いに沿った解決となりました。
誰にでも失敗はあります。引き返す道を用意することも有益であると考えます。
Aさんにとって良い解決となりました。

受任から解決までの期間

1か月

妻の交際相手に慰謝料請求をした事例

40代 男性

Aさん 40代 男性 会社員

妻:40代
婚姻期間:20~25年

Aさんは、妻の様子がおかしかったことから、妻に話をきいたところ、妻が勤務先の男性と交際していることが分かりました。その上で、交際等に関する資料を出してきたため、男性に対する慰謝料請求を考え相談にいらっしゃいました。

解決内容

交際相手との不貞に関する証拠を確認し、交渉がうまくいかなければ速やかに裁判をする気持ちを固めた上で、妻の交際相手の男性に内容証明郵便を送り、慰謝料を請求しました。男性は、Aさんの妻との交際を認め、慰謝料を支払う意向を示してきました。
分割払いにはなりましたが、請求額満額を支払うことで合意し、早期解決することができました。

所感

証拠が確保されていたこと、合意ができなければ速やかに裁判を行うという気持ちが固まっていましたので、明確な方針をもって交渉できたことがうまく解決できた要因のひとつだと思われます。

受任から解決までの期間

2か月

妻の浮気が判明し、相手男性との交渉で示談が成立した事例

40代女性

Nさん 30代 男性 会社員

妻:40代
婚姻期間:1~5年
子ども:なし

Nさんは、妻の浮気が発覚し、相手の男性Kさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Kさんに対して、弁護士から慰謝料を請求する内容証明郵便を送り、慰謝料の交渉を行いました。
結果として、相手方の支払能力の問題もあり、早期解決のため、ある程度の減額はあったものの、慰謝料を一括で支払ってもらうことで合意し、示談で解決することができました。

所感

相手方の名前しかわからない状況からスタートしたため、交渉開始までに比較的時間を要しました。交渉が始まってからは、粘り強く交渉することによって、訴訟になった場合よりも高い金額であろう慰謝料で解決しました。
Nさんが名古屋から離れた場所にお住まいで、直接の打ち合わせが一度もできませんでしたが、電話やメールを用いて連絡をとりあうことで、Nさんが納得いく形での解決を目指し、最終的にはそれが実現できました。

受任から解決までの期間

3か月

不倫の事実を否定する夫の交際相手から、訴訟で慰謝料を獲得した事例

40代女性

Cさん 40代 女性 

夫:40代 
婚姻期間:10~15年
子ども:2人

Cさんは、夫の浮気が判明したため、相手女性Dさんに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

Dさんに対して、弁護士から慰謝料請求をしました。

Dさんにも代理人弁護士がつき、不倫の事実がなかったと主張し、低額な解決金を提示してきました。

Cさんから慰謝料請求訴訟を提起しました。

確実な証拠はありませんでしたが、間接事実を積み上げて、不倫の事実を立証しました。

結果として、早期解決のための減額はあったものの慰謝料を一括で支払ってもらうことで和解が成立しました。

所感

不倫を確実に立証できる証拠はなかったですが、間接事実を積み上げて、当方に有利な裁判官の心証形成に成功しました。

ご依頼者様も満足のいく結果となり、良かったです。

受任から解決までの期間

8か月

夫の不倫で離婚し、不倫相手から慰謝料を一括で獲得した事例

30代女性

Aさん 30代 女性 会社員

夫:30代 会社員
婚姻期間:10~15年
子ども:2人

Aさんは、夫の浮気が判明したため、相手女性Bさんに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

Bさんに対して、弁護士から慰謝料請求をしたところ、Bさんにも代理人弁護士がつき、代理人同士で交渉を進めました。

Aさんと夫が公正証書で作成した離婚協議書では、夫は離婚による慰謝料を一括で支払うこととなり、これは不倫の慰謝料請求とは関係のないものとしました。

Bさん側は、これが実質的には不倫の慰謝料にあたるとして減額を要求してきました。 結果として、早期解決のための減額はあったものの慰謝料を一括で支払ってもらうことで合意し、示談で解決することができました。

所感

Bさんの代理人弁護士と密に協議することで、裁判外で解決できました。

結果として、夫とBさんの双方から、まとまった慰謝料を支払ってもらうことができ、よかったと思います。

受任から解決までの期間

6か月

長年の半別居から別居に至り、調停離婚が成立した事例

40代男性

Gさん 40代 男性 会社員

妻:40代
婚姻期間:15~20年(別居期間:2年)
子ども:なし

Gさんの妻は、主に妻の実家で生活しており、10年ほどにわたり半別居状態でした。

妻の不倫が複数発覚しましたが、妻が離婚に合意しなかったため、完全別居を開始しました。

2年後、妻の代理人弁護士から婚姻費用請求の連絡があり、Gさんは離婚を決意し、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

離婚調停を申し立てました。

結果として、完全別居時点の共有財産の5:5よりも少ない財産分与割合の金銭をGさんが支払うことで、早期に調停離婚が成立しました。

所感

夫婦の婚姻実態を主張した結果、共有財産の分与割合が5:5よりも少なくなった事案です。

受任から解決までの期間

6か月

離婚後、妻の浮気相手に訴訟を提起し、慰謝料を獲得した事例

50代男性

Gさん 50代 男性 公務員

妻:40代 専業主婦
婚姻期間:~23年
子ども:2人

Gさんは妻の不貞が原因で離婚をしました。その後、妻の不貞相手に慰謝料請求をしたいということで当所に相談にいらっしゃいました。

解決内容

妻の不貞相手に慰謝料請求の訴訟を提起しました。妻が不貞をしていた時期にGさんとの婚姻関係が破綻していたか、離婚時の財産分与に慰謝料の意味合いが含まれていたかという2点で慰謝料の増減を争っていましたが、相手方より和解の提案があり、Gさんが納得できる金額の慰謝料を支払ってもらうことで和解が成立しました。

所感

慰謝料請求をするにあたって、婚姻関係が破綻していたかどうかというのは1つのポイントになります。Gさんの場合は家族で出かけた際の写真が残っていました。そのような資料が破綻していないことの証拠になることもあるので、残しておくと良いかもしれません。

受任から解決までの期間

9か月

離婚後、夫の浮気相手に訴訟を提起し、慰謝料を獲得した事例

50代女性

Cさん 50代 女性 公務員

夫:50代 公務員
婚姻期間:25~30年
子ども:1人

Cさんは、夫から突然離婚を言い渡されました。
突然のことにあやしいと思い、素行調査を興信所に頼んだ結果、夫の浮気が判明しましたが、Cさんは浮気を知っていることを夫に言い出せませんでした。
夫から離婚を迫られ続け、仕方なく財産分与等の解決金の支払を夫との間で合意し離婚しましたが、夫からは浮気の事実も告げられず、謝罪もありませんでした。
Cさんは、相手女性Dさんに慰謝料を請求しましたが、不倫の証拠がない、既に夫が支払っているなどと反論され、話し合いでは解決できないと考え、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

話し合いで解決できないと考えられましたので、Dさんに対して慰謝料請求訴訟を提起しました。
Dさんは、夫との交際は認めましたが、Cさんと夫の夫婦関係が破綻していたことと、既に夫が金銭を支払っていること、将来の分割支払の合意があることを主張しました。
夫から浮気について知らされておらず、和解の対象でないことなど反論し、結果として、早期解決のための減額はあったものの慰謝料を一括で支払ってもらうことで合意し、裁判上の和解が成立しました。

所感

慰謝料の額は裁判官によって判断がまちまちで、これといって決まった基準はありませんが、既に金銭をもらっている場合、その趣旨が問題になります。
この件は、結論が不明確だったこともあり、相互に譲歩して和解となりました。

受任から解決までの期間

8か月

夫と浮気相手との間に子供がいることがわかり、慰謝料請求が成立した事例

20代女性

20代 女性 会社員

夫:30代 公務員
婚姻期間:5年~10年
子ども:なし

Nさんは、夫の浮気が発覚し、同時に浮気相手Rさんと夫の間には子供もいることがわかったため、相手の女性Rさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Rさんに対して、弁護士から慰謝料を請求する内容証明郵便を送りました。
結果として、相手方の支払能力の問題もあり、早期解決のための減額はあったものの、慰謝料を一括で支払ってもらうことで合意し、示談で解決することができました。

所感

浮気相手の出産により、不貞行為の存在自体に争いはありませんでしたが、金額について争いがありました。
最終的には、早期解決のため譲歩したことでスムーズに解決しました。

受任から解決までの期間

約3ヶ月

夫の浮気が発覚し、慰謝料請求と離婚が成立した事例

20代女性

40代 女性 その他専門職

夫:40代 その他専門職
婚姻期間:5年~10年
子ども:1人

Kさんは、夫の浮気が発覚したため、夫に慰謝料を請求したうえで離婚したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

弁護士が夫との交渉を進めました。
結果として、解決金を一括で支払ってもらうこと、自宅の住宅ローンの連帯保証人からKさんを外すこと、夫が自宅を明渡すことで合意し、協議離婚が成立しました。

所感

相手方にも誠意を持って対応することで、相手方も当職を信頼してくれたので、住宅ローンの借換え等の手続きがあったにもかかわらず、各論点についてほとんど衝突することもなく、迅速に和解を成立させることができました。
調停等の裁判所を用いる手続きを採るよりも、協議を進めることが早期解決につながることがあることを実感しました。

受任から解決までの期間

約5ヶ月

夫の浮気が判明し、相手女性との交渉で示談が成立した事例

30代女性

Hさん 30代 女性 会社員

夫:30代 会社員
婚姻期間:5~10年
子ども:1人

Hさんは、夫から突然離婚を言い渡されました。
夫の素行調査を興信所に頼んだ結果、夫が浮気をしていることが判明し、夫も事実を認めました。
Hさんは、相手女性Iさんに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

Iさんに対して、弁護士から慰謝料を請求する内容証明郵便を送りました。
Iさんと交渉の結果、請求どおりの金額を一括で支払ってもらうことで合意し、示談で早期に解決することができました。

所感

不貞を裏付ける明確な証拠があったこともあり、Iさんが裁判よりも示談を選んだものと考えられます。
結果として、早期解決ができて良かったです。

受任から解決までの期間

1か月

第1審判決の仮執行宣言にもとづき強制執行し、控訴・上告してきた不倫相手から慰謝料を獲得した事例

50代女性

30代 女性 

夫:30代 自営業
婚姻期間:1~5年
子ども:1人

夫の不倫が発覚し、夫もその事実を認めたため、相手の女性に慰謝料請求したいと考え相談にいらっしゃいました。

解決内容

相手の女性に対して慰謝料請求訴訟を提起しました。
慰謝料を支払う判決が言い渡されましたが、相手の女性は夫との浮気を一貫して認めようとせず、控訴、さらには上告をしてきました。

第1審判決の仮執行宣言に基づき、強制執行を行いました。
その結果、強制執行そのものでは回収には至りませんでしたが、相手の女性は上告を取り下げ、第1審の判決金を支払うことで解決しました。

受任から解決までの期間

1年9か月

夫が浮気をやめず離婚に至ったため、相手方に慰謝料を請求

30代女性

30代 女性 パート

夫:20代 会社員
婚姻期間:5~10年
子ども:2人

Hさんは夫の浮気が発覚しました。
夫と浮気相手は別れることを約束しましたが、その後も交際が続いていることがわかったため離婚しました。
相手の女性Iさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Iさんに対して、弁護士から慰謝料を請求し交渉をしました。
結果として、早期解決のための減額はあったものの、相手方の支払能力の問題もあり、慰謝料を分割で支払ってもらうことで合意し、示談で解決することができました。

受任から解決までの期間

2か月

妻の浮気相手へ慰謝料請求し、一括で慰謝料を回収し早期解決した事例

30代男性

30代 男性 会社員

妻:30代
婚姻期間:5~10年
子ども:1人

Fさんは、妻の浮気が発覚したため、相手の男性Gさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Gさんに対して、弁護士から慰謝料を請求する内容証明郵便を送りました。
Gさんにも代理人弁護士がつきましたが、結果としてFさんの要求額の慰謝料を一括で支払ってもらうこと、今後一切の関わりをもたないことで合意し、示談で早期に解決することができました。

受任から解決までの期間

2か月

夫が不倫相手と子どもまで設けていることが発覚。不倫相手から一括払いで慰謝料を獲得した事例

50代女性

50代 女性 

夫:50代 会社役員
婚姻期間:25~30年
子ども:2人

Lさんは夫の20年近くにわたる浮気が発覚し、交際相手Mさんと夫の間には子供もいることがわかりました。
相手の女性Mさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Mさんに対して、弁護士から慰謝料を請求する内容証明郵便を送りました。
結果として、早期解決のための減額はあったものの慰謝料を一括で支払ってもらうこと、今後一切の関わりをもたないことで合意し解決することができました。

受任から解決までの期間

約5ヶ月

妻が10年以上浮気していたことが発覚! 示談交渉で不倫相手から慰謝料を獲得した事例

60代男性

60代 男性

妻:50代
婚姻期間:35~40年
子ども:2人

Jさんは、妻の十数年にわたる浮気が発覚したため、相手の男性Kさんに慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

Kさんに対して、弁護士から慰謝料と謝罪を求める内容証明郵便を送りました。
結果として、早期解決のために減額した慰謝料を一括で支払ってもらうこと、今後一切の関わりをもたないことで合意し、示談で解決することができました。

受任から解決までの期間

約2ヶ月

夫の浮気相手への慰謝料請求

20代女性

40代 女性 パート

夫:40代 会社員
婚姻期間:10年~15年
子ども:なし

夫は、付き合っている人がいるから離婚したいと唐突にAさんに言ってきました。
Aさんは、突然の事に困惑しましたが、夫と離婚する意思はありませんでした。
そこでAさんは、夫と付き合っている女性に慰謝料請求をしたいと考え、相談にいらっしゃいました。

解決内容

浮気相手の女性に対して、弁護士から慰謝料を請求する内容証明郵便を送ったところ、女性からすぐに慰謝料を払うという連絡がきました。
その後、浮気相手の女性にも代理人弁護士がつきましたが、交渉の結果解決金を獲得することができました。
夫は女性とは別れ、Aさんは離婚することなく解決することができました。

受任から解決までの期間

約3ヶ月

夫と浮気相手への慰謝料請求

20代女性

20代 女性 主婦

夫:20代 会社員
婚姻期間:5~10年
子供:1人

夫の浮気が発覚し、夫はMさんに不貞相手と別れると約束しましたが、夫は不貞相手と連絡を取り続けました。Mさんは精神的に追い詰められ身体に不調をきたすまでになりました。そこで、離婚を決意して家を出ましたが、その後も夫からの連絡が頻繁にあったため、ご相談に来られました。

解決内容

Mさんは、夫との離婚と、夫及び不貞相手への慰謝料請求を考えておられました。
夫との交渉の結果、多少の減額があったものの、相当額の養育費・財産分与・慰謝料を支払ってもらうことで合意しました。また、不貞相手とも交渉を行い、慰謝料を分割で支払ってもらうことで合意しました。
どちらも公正証書を作成し、将来の未払いの際に強制執行できるように対応いたしました。

受任から解決までの期間

5ヶ月

妻が自分の友人と浮気した事例

30代男性

30代男性 会社員

妻: 30代 パート
婚姻期間: 1~5年
子ども: なし

Aさんは、妻が自分の友人Bと浮気をしていることを知りました。
そのため、妻とは協議離婚し、その後、友人である浮気相手Bへの慰謝料請求を弊所で受任することになりました。

解決内容

弊所で交渉を試みましたが、話し合いができなかったため、損害賠償請求訴訟を提起しました。
被告(友人B)は裁判に出席せず、答弁書も提出しなかったため、請求を認める判決が言い渡されました。判決が被告に送達後2週間以内に控訴されなかったので、判決は確定となりました。

損害賠償金の回収

判決確定後も、Bは裁判で認められた金額の支払いをしなかったため、本件では、「判決で認められた金額をどのように回収するか」というこが最大の問題となりました。
弊所で、預金の差押え、保険の差押え、給料の差押え等を行った結果、時間と費用はある程度かかりましたが、最終的には裁判で認められた金額を回収することができました。

交渉により夫の浮気相手から慰謝料を獲得した事例

20代女性

20代女性 専業主婦

夫: 20代 会社員
婚姻期間: 1~5年
子ども: 2名(未成年)

Cさんは、夫の浮気が発覚したため、浮気相手の女性Dさんへ事実関係を確認しました。
その後、CさんはDさんへ内容証明郵便を送り慰謝料請求をしましたが、Dさんはまったく応じる様子がありませんでした。

解決内容

代理人として弁護士が再度Dさんへ内容証明郵便を送りました。
Cさんの希望により、訴訟をせずに交渉を試みた結果、示談金を獲得することができました。
弁護士が代理人となり交渉の間に入ることで早期に示談で解決することができました。

受任から解決までの期間

約3ヶ月

合意した慰謝料を支払わない不貞相手から、慰謝料を一括で獲得した事例

30代男性

30代男性 会社員

妻: 30代 会社員
婚姻期間: 10~15年
子ども: 2名

Fさんは、妻の浮気が判明したため、相手男性Gさんに慰謝料を請求しました。
Gさんは不倫を認め、慰謝料の支払にも合意しましたが、実際には支払がありませんでした。
Fさんは妻と離婚をし、その後、あらためてGさんに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

解決内容

Gさんに対して、弁護士から慰謝料請求の交渉をしました。
Gさんにも代理人弁護士がつき、Fさんと妻の夫婦関係が破綻していたことを主張し、低額な解決金を提示してきました。
結果として、早期解決のための減額はあったものの慰謝料を一括で支払ってもらうことで合意し、示談で解決することができました。

所感

当初のGさんの提示金額があまりにも低額であったため,訴訟提起を示唆したところ,Gさんは絶対に訴訟は避けたかった様子で,こちらが妥協できる金額まで持ち込むことはできました。
交渉において,相手の弱点を突くことが有用であることを改めて感じました。

受任から解決までの期間

約4ヶ月

男性30分相談無料キャンペーン 期間:2017年3月16日-2017年6月30日

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

初めての方専用フリーダイヤル 0120-758-352 TEL052-231-2601 FAX052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、離婚相談の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
愛知県西部(名古屋・春日井・小牧・瀬戸・尾張旭・長久手・日進・東郷・豊明・北名古屋・あま・愛西・津島・清須・弥富・稲沢・一宮・江南・犬山・半田・大府・東海・知多・常滑・扶桑・大口・岩倉・蟹江・飛島・大治・豊山・東浦・阿久比・武豊・美浜・南知多)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「男女関係(離婚カウンセリング・DVなど)」カテゴリを表示しています

名古屋総合法律事務所のご紹介

Copyright © 名古屋総合リーガルグループ All right reserved.
運営管理:名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)