離婚,男女問題の相談なら経験豊富な愛知県名古屋市の離婚弁護士へ

新しい明日を作るためのサポートを全力で致します 名古屋の弁護士による離婚相談

ご相談専用フリーダイヤル:0120-758-352 平日・土日祝 6:00~22:00 - 女性初回相談30分無料 - 桜通線丸の内駅徒歩2分
弁護士法人 名古屋総合法律事務所

2009年11月15日 ロータリーの「職業奉仕について」

 10月はロータリーの職業奉仕月間です。私は、第2760地区の名古屋栄ロータリークラブの2009年10月26日例会で、当クラブの職業奉仕委員長として「ロータリーの『職業奉仕について』」と題して30分の卓話を行いました。

 

 ロータリーの職業奉仕とは、ロータリアン個人が自己の職業を通じて社会に奉仕することであり、ロータリーの原点・ロータリー運動の根幹・金看板とされています。職業は、本来、所得や利益を得る手段―自分のために行うことであり、世のため・人のためにする奉仕とは相反することだと地区の資料では説明されていましたが、一般社会でも、職業は世のため・人のためという考えがあると私は思います。その部分を中心に据え、自らの職業の質や倫理性を高め、実践することが職業奉仕だと考えれば良いように思います。だとすれば今、社会で最も求められていることではないでしょうか。ロータリーは会の憲法と言うべき『綱領』にその職業倫理を掲げていることに特徴があります。4項目を実践して奉仕の理想を鼓吹・育成するのは「有益な事業の基礎として」という構造です。

 職業奉仕の理念を提唱したアーサー・フレデリック・シェルドンは、「最もよく奉仕する者、最もよく報いられる」という自らの成功体験に基づく経営哲学を標語として提唱しました。これは、同時期に生まれた「無私の奉仕」、後の「超我の奉仕」と並んでロータリーの眼目とされています。

 では、例会は親睦や奉仕とどんな関係があるのでしょうか。例会は会員相互の友情や親睦を育む場であると同時に、自己研鑽の場であるということです。研鑽によって奉仕の心を高め、職業や日常生活に反映していくことがロータリー活動の本質です。

 さて、先週のミニ懇親例会で私はFグループのコーディネーターを務めましたが、会員のH君の言葉に大変感銘を受けました。「ロータリアンの良さは愚痴や弱音を言わないことだ」。考えてみれば、これだけ多忙な人達が毎週1回の例会に集まるということは大変なことです。1人1業種を原則とするロータリーの例会は、価値観・利害・知識や経験等々が異なる方と触れ合うことで、会員各自の幅を広げ、会員各自を成長させることができるものと思っております。私も例会で会員の見識の多様性に刺激を受け、私が変わることで成長していきたいと決意しております。

 現在私は50歳代となりました。私は、2018年を1つの目標地点に設定しています。人生の短さ・持ち時間の少なさを認識しつつ、ロータリーで積極的に学んで、社会に貢献するローオフィス、愛知県で識IT率トップのローオフィス、そして、愛知県で有数のローオフィスを作り上げるという目標を達成していきたいと考えています。今回、職業奉仕委員長を仰せつかり、改めて職業奉仕を学ぶことで、成長の機会を頂いたと感謝しております。厚く御礼申し上げます。

2009年09月02日 旅行記

 月から8月にかけて、温泉、山歩きの旅行をしました。以下その旅行記です。

 

1 草津温泉

6  6 日 草津温泉に行きました。途中「沢渡温泉」という共同浴場(有料)に入りました。

草津温泉では、「湯畑」などを観光。

草津温泉では、 大きな 露天 風呂 「西の河原露天風呂」(有料)に入りました。草津温泉の湯量の豊富さに驚きました。街中が温泉の街でした。中でも,「湯畑」のすぐ近くにある「白旗(しろはた)の湯」(無料の共同浴場)は本当に素晴らしく、今回の旅行で 3 か所の内で,「白旗の湯」が飛び抜けた良い湯でした。「白旗の湯」は私が今まで入った中で最も良い湯かあるいは最も良い湯の1つではないかと思います。とても素晴らしかったです。

 

2 西伊豆

7月に1泊2日で西伊豆へ海水浴に行きました。
南伊豆、東伊豆へは行ったことがあったのですが、なかなか行くことが出来なかった西伊豆への旅行でした。海もきれいな風光明媚な海岸でした。

 

7  19 日 前日夜,西伊豆の浮島温泉海岸の民宿に泊りました。 浮島温泉海水浴場と岩地海水浴場で海水浴をする。とても寒かったです。温泉共同浴場3ヵ所入るが,浮島温泉共同浴場が良かった。数ヵ所見た海水浴場でも,浮島温泉海水浴場は,風景も海も一番良かった。また,

地元住民が海岸浴いの有料駐車場の管理を兼ねて海水浴場の監視員をきちんとしていて安心でした。

 

3 上高地、安曇野

8月に約2日間の日程でありましたが、長野県に旅行に行きました。

日頃仕事に追われておりましたが、初めての安曇野、30年振りに訪れる上高地の自然の中で、ほっとしたひと時を過ごすことが出来ました。

 

 8  8 日 前夜,松本市に泊りました。朝 7 時にホテルを出て,上高地に伺う。河童橋から,名神池を経て横徳沢までの往復(一部周遊コース)十数キロを歩きました。久しく長距離歩いてなく、少し疲れました。帰り,白骨温泉の温泉宿に外来入浴を共同浴場(有料)に入りました。白骨温泉は20年位前に訪れて以来の再訪です。白濁の湯は健在でしたが、最初に訪れた時の感激からはやや薄れたものでした。

  8  9 日 安曇野辺りの観光。穗高町(現安曇野市穗高)のわさび園,本陣等々か家,碌山美術館,安曇野山岳美術館を見学。途中で,「 8 時間かけての水出しコーヒー」を飲みました。その後,大町に移動して,岩魚料理を食べる。(不景気か店の客数が少なかった。 )大町山岳博物館見学。 青木湖を車で回して,青木湖を歩く。その後,山中に伺い,葛温泉高瀬旅館で外来入浴しました。

 

山歩きと温泉の旅でした。日頃の日常の喧騒から離れ、上高地から眺める穂高連峰の雄大さに心を洗われ、また、ゆったり湯につかる至福の時間を過ごすことが出来ました。

2009年08月31日 6月,7月に読んだ本

今月の弁護士でも書いた刑事被告人の①暴力嗜癖,性暴力と自己中心的性格の人格偏奇の治療に正面から向き合い,私は,文献を選択探し出して,本を差し入れるとともに差し入れた本のうち,次の本を2ヶ月かけて読みました。  

題名

著者名

出版社

DV---殴らずにはいられない男たち

豊田正義

光文社新書

なぜ男は暴力を選ぶのか

沼崎一郎

かもがわ出版

ドメスティック・バイオレンス 

草柳和之

岩波書店

加害者は変われるか? 

信田さよ子

筑摩書房

カウンセリングで何ができるか

信田さよ子

大月書店

心の傷を癒すカウンセリング366日

西尾和美

講談社

依存症

信田さよ子

文春新書

性犯罪の心理

作田明

河出書房新社

性暴力の理解と治療教育

藤岡淳子

誠信書房

DVと虐待― 「家族の暴力」に援助者ができること

信田さよ子

医学書院



2009年08月31日 皮膚科医院

8月22日午前11時 大路皮膚科医院を初診,右上腕の小さな皮膚直下の米粒の大きさの点について、診てもらう。私はトゲが刺さったのかと思っていました。自分で取ろうとしましたか取れなかったので、気付いて医院に行く。脂肪でした。説明を受ける。取ってもらいました。
次に、顔面の気になることを聞く。脂肪とのことで、説明をうけ、説明が易しくて丁寧で、学校の先生から授業を受けている感じでした。東京大学医学部卒業の皮膚科専門医の先生でした。
午後、イメージ・ファラムにて映画「花と兵隊」を観賞,日本経済新聞に紹介されていた。インタビューアーは、よくなかったです。作品の出来は、決して良いものではありませんでした。

2009年05月28日 本の紹介

『絶対貧困』(石井光太著、光文社)、『秋月記』(葉室麟著、角川書店)

 この5月に読んだ本から、この2冊をご紹介します。

 

1 『絶対貧困―世界最貧民の目線』は、スラム、物乞い、ストリートチルドレン、売春婦の生と性…1日1ドル以下で暮らす人々と寝起きを共にした著者が、最貧民の目線で貧困地区に生きる人々の生活に密着して、その生と性を分析して描写したものです。

 

 【世界全体で】

  1日1ドル以下で生活している人                     12億人(約5人に1人)

  1日2ドル以下で生活している人                     30億人(約2人に1人)

  飢餓状態にあるか、不安定な食糧供給に依存している人

                                                      8億4000万人(約8人に1人)

  読み書きができない成人

                                                      8億4000万人(約8人に1人)

  飲料用の水が利用できない人             16億人(約4人に1人)

  保健医療サービスを受けられない人                  8億人(約8人に1人)

 

 【先進国と途上国の比較】

  ・医者の割合

     先進国             350人につき1人

     途上国             60000人につき1人

  ・妊婦死亡数(10万人あたり)

     先進国             8人

    途上国             450人

  ・5歳未満児死亡数(1000人あたり)

     先進国             9人

    途上国                     145人

  ・平均寿命

     先進国                     約76歳

    途上国                     約55歳
 この地球で生活している人々の現実を示されると、この豊かな日本で生活して いる私は、この豊かな日本に深く感謝とするとともに、自分のために職業を通じ て最善を尽くすことにより、社会に奉仕することが大切であると思いました。
 最貧民の地区での人々の生き方、行動について、正しい生き方か行動か、誤った生き方か行動かの、正誤の概念は、倫理、道徳、理念などその視点によって大きく変わることが多いです。また、今の日本においても、ホームレスの増大、スラム化など、貧民地区が形成されつつあります。そのうえに、外国人の流入による非定住者の増大、日本人と外国人との婚姻の著しい増加など、日本社会に深刻な問題を生じさせることが必至な問題が、間近に迫っております。

本著を読み、現実を、事実を正しく分析して把握して行くことは、私たちが、人の行動、生活、生き方を正しく理解把握する上で大切なことであると思うととともに、所得格差の拡大、賃金水準の低下、貧民地区、スラムの形成、治安の悪化など、これからの日本が遭遇するであろ う大変困難な問題を予測させるものであります。

当事務所は、長期的な視点で、日本社会の変質をとらえて、「顧客のため」「地域社会のため」、その時その場で最善の判断と行動をすることができるよう長期的な能力構築に注力していきます。

  
2 『秋月記』

  私は、5年前に北九州の島原、阿蘇、熊本そして秋月をレンタカーで旅行したことがありました。筑後川流域の城下町で筑前の小京都と言われる秋月。秋月は落ち着いた山あいの小さな街です。江戸時代に造られたアーチ型の石造の「目鏡橋」、伝統を誇る本葛の老舗「廣久葛本舗第十代高木久助」など歴史のある街でした。

  『秋月記』は、この筑前の小藩、秋月藩で、専横を極める家老への不満が高まり、主人公は、志を同じくする仲間の藩士とともに糾弾に立ち上がり、本藩・福岡藩の援助を得てその排除に成功するが、やがて背後に福岡藩の策謀があったことを知り、主人公は一人捨石となる決意を固める、という矜持(きょうじ)を貫く男の生き様を描いた時代小説です。

  5年前の旅行で山あいの城下町秋月の景観とその歴史を知っていたため、「目鏡橋」、「久助」が登場するこの『秋月記』を楽しく読めたとともに、山あいの小藩が独立を保持してかつ治世して行くことの困難さを推し量ることができるものでした。

2009年04月01日 若い力 司法修習生,エクスターンシップ生を迎えて

平成21年2月3日から3月27日まで2ヶ月間司法修習生の弁護実務指導担当として司法修習生1人を栄総合法律事務所に迎え入れました。また,この期間内の同年2月23日から同年3月6日までの2週間名古屋大学法科大学院2年のエクスターンシップ(実習生)を迎え入れました。若い人と2ヶ月間一緒に仕事ができ,とても楽しかったです。

この2ヶ月間の間に,私自身は、長島温泉での一泊の修習合宿に参加して,司法修習生のディベートに立会い,その後の懇親会に参加し、食事とお酒を一緒に楽しむことができました。また,刑事模擬接見の被疑者役を引き受けて,被疑者役を体験できていい勉強になりました。

 

現在の当事務所の構成員は,次の通りです。

常勤弁護士1名,常勤事務員2名,パート2名(債務整理担当1名,経理担当1名),アルバイト6名(名古屋大学法学部生5名,名古屋大学大学院法学研究科院生の中国人留学生1名)

 この構成員に司法修習生とエクスターンシップ実習生の2人が加わり,事務所全体がとてもにぎやかになり活気にあふれました。

 私は、司法修習生のために,事前に第一審の刑事国選被告事件2件を用意しました。

2月3日が紹介式でしたが、その日はじめから、私選の刑事被疑事件の依頼があり,紹介式後直ちに司法修習生を同伴して刈谷警察署に接見に行くことになりました。被疑者の妻と打ち合わせ,弁護人選任届,委任契約書の締結など受任手続きに立ち会ってもらいました。その後、名古屋大学法曹会のパーティーがあり、私と修習生がパーティーに着いたのは終り近くの午後7時45分頃でした。非常に慌しい日となりました。

この件は,被害者と示談を成立させ,不起訴(起訴猶予)処分となり,また,勤務会社宛の被害者の嘆願書を得ることができ,配置換えを伴う降格処分ですみ,職を失うことがなく終わり、良い結果を得ることが出来ました。

その後刑事では,国選で控訴事件1件を受けました。

 民事家事部門では,裁判手続きでは,訴訟事件,家事調停事件,家事審判に立会い,訴状,答弁書,証拠証明書,仮差押申立書,和解条項の起案など,裁判手続き外では,各種相談に立会い,不動産売買契約書,内容証明郵便,財産目録を含む遺言執行報告書の起案など,随分と仕事を手伝っていただきました。

  これらの弁護実務修習の外に,修習生には2ヶ月に1回あります名古屋栄ロータリークラブの2月開催の読書サロン(2月の課題図書は,直木賞受賞作の「利休にたずねよ」山本兼一著 発行所 PHP研究所, 「永遠の0(ゼロ)」 百田尚樹著 発行所 株式会社太田出版)に参加して,書評をしてもらいました。 

 この時期を活かして,修習生,エクスターンシップ実習生を含めて,皆で話し合う機会を設けることにしました。

1つは、当事務所の改善点の提案をしてもらう事務所会議です。2月後半、参加者8名で事務所会議を開き,率直に改善を要すべき点を提示してもらいました(その後12時から昼食会になりました。)

 2つ目は研修会を兼ねた読書会です。3月中旬,当事務所会議室で事務所構成員ほぼ全員と修習生・エクスターンシップ実習生にこの4月から名古屋大学法科大学院に進学のためアルバイトを退職した学部生1名を含む12名で,当事務所の研修会の意味を持った読書会を開きました(その後,事務所の懇親会となりました)。課題図書は「大人のマナー常識513」(編者 幸運社 発行所 PHP研究所)です。  私も含めて事務所メンバー全員で,一度 大人のマナーの本 の読み見合わせをして,マナーを学ぶ機会を持ちたかったためでした。これは,私がある場所で偶然若く優秀な弁護士が年配の相談者に対して,ふんぞり返って足を投け出して相談に応じている光景に遭遇して悲しい思いをしたことがあるからです。

私は,各種の問題で悩む相談者,特に年配の相談者を目の前にすると,自分は未熟者だという思いをいつも持ちます。相談者に敬意を持って向き合い,耳を傾ける。年配の相談者を尊敬できない弁護士に良い法的サービスの提供はできない。人間としての変わらぬ謙虚さと尊厳の理解の大切さを自らへの戒めとしています。

 この2ヶ月間,司法修習生,エクスターンシップ実習生と楽しく仕事ができ,事務所全体がにぎやかで活気に満ちていました。これらの修習実務指導,行事への参加の外に,受け入れた司法修習生,エクスターンシップ実習生に加えて,多くの司法修習生と飲食などを一緒にすることができ,若い人の力の素晴しいことを発見でき,これからの当事務所のあり方を含めて,法曹について,人が生きることについて,深く考えさせられる点が多々あり,多くのことを学ばせていただきました。

修習生の皆様,そして,司法修習に尽力されています弁護士会の司法修習委員会の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

2009年01月14日 謹賀新年のご挨拶

昨年中は格別の御引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。本年も何卒よろしく御願い申し上げます。
50代半ばとなり、目が見えにくくなりましたが、物がよく見えるようになったと思うことがあります。
あと20年は現役で頑張れるよう、その基盤となる当事務所の体制作りを10年計画で確立する事を考えています。
素直で謙虚に学ぶ姿勢を持ち続け、誠意をもって、しかし慎重かつ大胆に法律業務に邁進して、業務を通じて社会への貢献に努める決意です
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げております。

平成21年元旦

男性30分相談無料キャンペーン 期間:2017年3月16日-2017年6月30日

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

初めての方専用フリーダイヤル 0120-758-352 TEL052-231-2601 FAX052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、離婚相談の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
愛知県西部(名古屋・春日井・小牧・瀬戸・尾張旭・長久手・日進・東郷・豊明・北名古屋・あま・愛西・津島・清須・弥富・稲沢・一宮・江南・犬山・半田・大府・東海・知多・常滑・扶桑・大口・岩倉・蟹江・飛島・大治・豊山・東浦・阿久比・武豊・美浜・南知多)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「男女関係(離婚カウンセリング・DVなど)」カテゴリを表示しています

名古屋総合法律事務所のご紹介

Copyright © 名古屋総合リーガルグループ All right reserved.
運営管理:名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)