離婚,男女問題の相談なら経験豊富な愛知県名古屋市の離婚弁護士へ

新しい明日を作るためのサポートを全力で致します 名古屋の弁護士による離婚相談

ご相談専用フリーダイヤル:0120-758-352 平日・土日祝 6:00~22:00 - 女性初回相談30分無料 - 桜通線丸の内駅徒歩2分
弁護士法人 名古屋総合法律事務所

不倫を理由に慰謝料請求をされてしまったら

不貞行為

配偶者のいる異性と性的関係を持つことは、民法上の不法行為となり、その配偶者から慰謝料請求を受けることになります。配偶者のいる異性と性的関係をもつことを、不貞行為と言います。
そもそも不貞行為を働いていない場合や、相手が既婚者であることを認識していなかったような場合を除き、不貞行為を働いてしまった場合には、基本的には慰謝料を支払わなければならないケースが多いと思われます。

段階ごとの対応法

相手から電話やメールがきた場合

ある日突然、不倫相手のご主人(奥様)からの連絡がきて、会うことを要求される場合がほとんどです。不倫問題は初期の対応を誤ると、紛争化して不倫相手の家庭が崩壊してしまうことが多いので十分注意して行動しましょう。
面談の要求は、多くの場合、不倫発覚の直後になされることが多く、当事者だけで冷静な話し合いを持つのは難しいと思われます。待ち合わせ場所に行ってみたら相手は複数人で待ち構えていた、車内で監禁状態で責められた、不利な証言を録音されてしまった、相手が持参した示談書に署名してしまった...というケースは珍しくありません。
こうした不利な状況が作られてしまうと、後から弁護士に依頼しても形勢を逆転するのは難しい場合があります。

内容証明が届いた場合

慰謝料請求は、弁護士や行政書士からの内容証明郵便や、請求者本人からの電話やメールなど、様々な方法で行われます。慰謝料を請求された場合、相手方の請求に法的根拠があるかについて精査することが必要になり、それによって請求を拒絶するか、話し合いに応じるかを選択することになります。
不貞行為が事実であったとしても、内容証明に書かれた金額をそのまま支払わなければならないのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。内容証明の法的性質は、あくまで「私的な請求書」です。つまり、内容証明に書いてある金額を、必ず支払わなければならないというわけではありません。実際には、相手方に弁護士がついているケースであっても、裁判で認められるよりも、オーバーな金額の慰謝料を請求していることが少なくないからです。
また、そもそも不貞行為の事実がない場合には、その旨を相手方に指摘し、毅然たる態度で反論する必要があります。いずれにしても、適切な解決を図るためには、裁判例を念頭に置きながら、相手方と交渉を行わなければならないケースが殆どです。

訴訟が提起された場合

内容証明が送付され、暫く交渉をしたものの合意に至らない場合や、そもそも不貞行為の有無等、事実関係の部分で大きな認識の相違がある場合には、相手方から訴訟が提起されることになります。訴訟手続は、法律に則って進行される専門性の高い手続ですので、訴訟を提起された場合には、当初から法律の専門家である弁護士に、訴訟の代理人を依頼されることをお勧め致します。
訴訟の進行は事案によってケースバイケースですが、裁判所の判断を仰ぐことになる判決まで進むケースは余り多くなく、大半の事案が、裁判上の和解によって解決している印象です。
なお、裁判所から送付された訴状に対応しないでいると、全面的に相手方の主張を認める判決が出ますので、裁判所から呼出状が届いた場合には、すぐに弁護士に相談することをお勧め致します。判決の内容に不服がある場合には控訴して、上級の裁判所で再度裁判を受けることが出来ます。

慰謝料支払いのための資金と証拠の確保が大切です

慰謝料がどのくらいになるかは事前に予測することは難しいですが、過去の判例では50万円から400万円の間が多く、一般的には200万前後がもっとも多いようです。ですからある程度の資金を準備していただくことが解決に向けた交渉を有効に進める要素になります。
例えば、200万円の慰謝料を支払う場合、「200万円を一括で支払う」場合と、「10万円づつ20回の分割で支払う」場合とでは、相手が示談に了承するかの心情も変わってくるでしょう。

また、証拠の確保も重要です。不倫に至る事実関係や、当事者の発言などについて、双方の認識が食い違うことがあります。特に、どちらが不倫関係を持つよう働きかけたか、また維持するのに主導的であったかという点が争いとなりがちです。
こうした点も、慰謝料額の算定に影響を及ぼす要素ですから、異なる事実関係が主張された場合は、そのまま受け入れるべきではありません。的確な反論を行うためにも、お手元に残っているメールや写真などは、処分せずそのままにしておいてください。

家族や勤務先等に知られないために

家族や勤務先等に不貞行為の事実を知られないようにするためには、弁護士を代理人とすることが最良の方法です。相手方との交渉から文書のやりとり、裁判の出廷から示談書の取り交わしまで、弁護士がお客様を代理して行います。

弁護士が代理人として一切の窓口になりますので、相手方と会ったり話したりしなくて済むという点は大きなメリットです。相手方が「本人を出せ、本人も立ち会え」といった要求をしてきても、今後は弁護士に連絡するよう先方に求めることができますので、周囲の方に不貞行為の事実が発覚するリスクを大幅に減らすことができます。

不貞行為

また相手方から、家族や勤務先に不貞行為の事実を公表すると脅かされているような場合にも、弁護士から相手方に対し、家族や勤務先等、無関係な第三者には連絡しないように警告することにより、家族や勤務先に不貞行為の事実を知られると言った、最悪の事態を避けられる可能性が飛躍的に高まります。

また一般的には、こちらが弁護士を立てると、先方も弁護士を立てる可能性が高まります。双方に弁護士がつけば、その後は弁護士同士の話し合いになり、相手方本人が勝手に動くことはできなくなりますので、情報が外部に漏れる可能性は極めて低くなります。

最終的に和解をするときは、慰謝料の支払いなど、送金手続についても代理が可能です。交渉の席にお客様が立ち合う必要はありませんし、示談書へのサインも弁護士が行うことができます。
示談書には、家族や勤務先等を含む当事者以外の第三者に対して、不貞行為の事実を口外しないことを約束する条項を入れることが通常です。仮に相手方がこの約束を破った場合には、支払った慰謝料は直ちに返還してもらうとの条項を付けておけば、更に効果的です。

不貞行為の慰謝料請求は感情的な対立が大きい分、単に金銭的解決を目指すだけでは不十分な紛争類型であり、弁護士の経験や交渉術によって、結果に差がつきやすい事案です。

浮気相手の配偶者から慰謝料請求を受けている方は、実績豊富な当事務所にご相談ください。

男性30分相談無料キャンペーン 期間:2017年3月16日-2017年6月30日

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

初めての方専用フリーダイヤル 0120-758-352 TEL052-231-2601 FAX052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、離婚相談の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
愛知県西部(名古屋・春日井・小牧・瀬戸・尾張旭・長久手・日進・東郷・豊明・北名古屋・あま・愛西・津島・清須・弥富・稲沢・一宮・江南・犬山・半田・大府・東海・知多・常滑・扶桑・大口・岩倉・蟹江・飛島・大治・豊山・東浦・阿久比・武豊・美浜・南知多)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

所内蔵書から「男女関係(離婚カウンセリング・DVなど)」カテゴリを表示しています

名古屋総合法律事務所のご紹介

Copyright © 名古屋総合リーガルグループ All right reserved.
運営管理:名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)